컨텐츠 바로가기 영역
주메뉴 바로가기
본문으로 바로가기

投資情報

본문내용

外国人投資に対する支援条件

  • 外国人投資比率が30%以上または外国人が第1代株主である場合、但し、外国人投資地域に入居する企業は適用を排除

外国人投資に対する支援限度

  • 外国人投資金額の50%(デブル産業団地の団地型外国人投資地域は100%)未満
  • 外国人の投資金額と利益余剰金の再投資金額を合わせた金額の25%未満

1. 立地補助金

  • 特定産業団地または投資希望地域の土地を一部または全部買い入れて賃貸する場合、具体的な賃貸期間、賃貸方法、賃貸面積などの細部事項は予算の範囲内で道知事が各事案別に定めて支援
    (正常の分譲価格の50%未満、分譲契約日から1年以内に申請)

2. 雇用補助金

  • 新規で採用する常時雇用人員が20人を超過する場合
    (12ヶ月の範囲内で超過人員1人当たり、月60万ウォン以内で支援可能な補助金の支給期間は企業登録後5年までのみ支援)

3. 教育訓練補助金

  • 内国人を20人以上新規で雇用するために教育訓練を実施する場合、教育訓練人員1人当たり、月60万ウォン以内で支援可能
    (補助金の支給期間は12ヶ月以内とし、事業開始後3年以内に追加雇用に伴う新規教育時、当該人員に対しても支援可能な補助金の支給期間は企業登録後5年までのみ支援)

4. 施設補助金

  • 投資金額が20億ウォン以上の工場施設を新設または増設する場合
    (20億ウォンを超過する設備金額の5%以内で予算の範囲内で道知事が各事案別に検討して支援)

5. 未来有望産業の支援特例

  • 道知事が必要であると認めた未来成長有望産業に対しては投資金額10億ウォン以上、常時雇用人員10人を超過する場合に特別支援
    (各事案別に投資誘致協議会の審議を経て道知事が決定)

6. 外国人の生活環境改善の支援

  • 外国人学校新築の場合、総事業費(敷地買入費、施設費)の25%範囲内
  • 公共施設などを学校施設として改補修した場合、事業費の25%範囲内
  • 外国人学校の円滑な運営のために必要な場合、予算の範囲内で3年間、運営費支援
  • 外国人専用村を造成する時、土地買入費の25%範囲内で支援
  • サービス支援施設を新規で建立するために土地買入または建築物を新築する場合、事業費の25%範囲内で支援
  • サービス支援施設のために従来の建築物を買入時、買入費の25%範囲内
  • 外国人投資企業の従事者のための格安の宿泊施設建立時、建立費の25%範囲内で支援

7. コンサルティング費用の支援

  • コンサルティング実施事業が確定した場合、外国投資家または外国投資企業に客観的に確認された契約金の50%範囲内とし、道知事が事案別に検討して支援

8. 大規模の外国人投資企業に対する特別支援

  • 外国人企業の投資金額が米貨3億ドル以上または1日の常時雇用規模が1,500人以上である場合、支援限度と関係なく優待支援可能
    (支援規模、決定方法などは協議会の審議を経て道知事が別途に定める)
TOP