컨텐츠 바로가기 영역
주메뉴 바로가기
본문으로 바로가기

投資情報

본문내용

立地条件

光陽港は南海の暖流の影響を受けた良好な気象条件と水深20mの天然水路、そして港湾の周囲の山と島が自然防波堤の役割をして定温水域を維持できるため、いかなる悪天候にも安全な作業が可能だ。

光陽港が位置する光陽湾には粗鋼生産世界一の光陽製鉄所と大規模の麗川石油化学団地、栗村産業団地が産業ベルトに連結されていて相互協力体制が有機的に構築されており、南北には現在工事中の朝鮮半島縦断鉄道(TKR)がTSR、TCRと関連されて「鉄のシルクロード」を構築する場合、ロシア及び中国は勿論、ヨーロッパまでの鉄道輸送が可能な上に半径1000km以内には人口100万以上の都市が40以上分布し、東北アジア貨物の中継及び積み替え貨物拠点として最適の役割を担当することになるものと思われる。

特に、地政学的に東北アジアの中心に位置し、アジア-北米-ヨーロッパを連結する主航路上に位置しているために港湾の中心性と中継性を確保しており、上海など中国の主要港湾と連係していて21世紀の経済大国として急成長している対中国積み替え貨物の最適地してと評価されている。また、3.88㎢にもなる光陽港の背後団地は貿易活動が自由に保障される関税自由地域としての開発が可能になり、荷役、輸送、積み替えなどの物流流通に関する事業だけでなく、金融、保険、貿易、マーケティングなど関連支援業者の入居が加速化されるものと思われる。

埠頭の特徴

  • 大型コンテナ船の入出港及び荷役可能な水深を確保
    • 1. 水深 : 岸壁全面 15m、航路 20m
    • 2. 広い CY(14,184 TGS)でコンテナ無料装置期間の延長が可能
    • 3. 埠頭背後に3.88㎢の広大な敷地を確保
    • 4. 自然防波堤で囲まれているため定温水域維持
      - 台風、津波などから災害防止可能
    • 5. 国際幹線航路と東アジアの中心に位置しており、中国主要港湾と近接してコンテナ積み替え港として最適地
    • 6. 入出港船舶の安全な航海を誘導するための管制施設
    • (VTS)運営 : PORT-MISと VTSシステムを連携して港湾運営の情報交換

東北アジアの港湾間の地政学的比較

港湾の競争要素 光陽港 神戸港 上海港 高雄港
集中性
中継性 中国東北部地域貨物        
ヨーロッパ航路
北米航路 ×
ロシア極東地域貨物        
ヨーロッパ航路 ×
北米航路 × ×
陸路による中継可能性 ×  

一般的利点

  • 一般的な利点
    • 新設港湾として光陽コンテナ埠頭は従来の港湾との競争力で優位を確保するために港湾利用に伴う費用を大幅に引き下げて、税制上の恩恵など政府次元の対策を準備、船会社及び荷主に果敢な恩恵を付与している。
    • 船舶入出港料及びコンテナ貨物入出港料が全額免除され、コンテナ貨物の荷役料金を安い水準で策定した。コンテナ無料装置期間を延長して経過保管料に対しても累進割り増し制から単純割り増し制に切り替えて基本料率を大幅に引き下げた。
    • また、釜山港と光陽港に同時寄港する船舶に対しては釜山港も船舶入港料と停泊料を免除している。特に港湾と南海高速道路がコンテナ専用道路を通じて直接連結されていて都市交通渋滞による時間損失を減らすことができ、釜山港利用時に負担するコンテナ税を廃止して光陽コンテナ埠頭は荷主に、より多くの時間と費用を節減させることができる。
  • 荷主の利点
    • コンテナ貨物の入出港料 100%減免
    • 荷役料金の引き下げ
    • 内陸運送費の節減
    • 広いCY、無料装置期間の延長(最長30日)
  • 船社の利点
    • 停泊料100%減免:340ウォン/10ton、12時間 (コンテナ船)
    • 入港料100%減免: 128ウォン/ton (コンテナ船)
    • 光陽と釜山同時寄港時、釜山港の入港料及び停泊料免除
TOP