컨텐츠 바로가기 영역
주메뉴 바로가기
본문으로 바로가기

開発計画

본문내용

海龍産業?地

SHINDEOK

海龍産業団地

  • 眺望型景観要素の計画
    • 眺望軸(View corridor)
      • 船月ハイパーク団地と周辺の山地を連携する眺望軸を選定
  • 自然型景観要素の計画
    • グリーンネットワーク(Green Network)
      • 船月ハイパーク団地及び周辺地域との緩衝緑地帯を設置し、産業施設に対する影響を最小化する
  • 都市型景観要素の計画
    • 建築物の形態及び配置
      • 低層の建物は高層からの眺望のために屋根の緑化を推奨
      • ソーラーコレクター、風樓などを装置したエネルギー節約型の建築物を推奨
      • 産業施設を象徴街路から充分に離して緩衝緑地を造成するようにして道路沿いからの視線を遮蔽するようにする
    • 街路景観
      • 新垈背後団地、船月ハイパーク団地、海龍産業団地、栗村1産業団地を連携する統合的な象徴街路の造成
      • 光陽湾の経済自由区域を象徴する象徴街路は美観地区として指定
  • その他の景観要素の計画
    • 夜間景観
      • 明るく躍動的なイメージの造成、中間程度の色温度で筆地に沿って線形で配置
      • 大型構造物や高い煙突などにランドマークなどを使って変化の感じられる夜間景観の演出
      • 夜間作業時の照明死角地帯が生じないように考慮
    • 進入部景観(Entrance Zone)
      • 団地全体の主進入部は地区全体の案内のためのサインシステム及び立構成を表示できる入口案内スタンディングを設置

해룡산업단지

TOP